シルクウール蝶ネクタイ(ボウタイ) Silk Wool Bowtie CTW-171

0件
$53.00

上質なシルクとウールを使用しております。
紗(しゃ)とは特殊な技法を用いて織った生地のことで、薄く透き通る絹織物です。
経糸をもじりながら織っていくことで透け感や清涼感を出すことができる、古い伝統技法です。
紗を織るには熟練された特殊な技術が必要な上に、ゆっくりと丁寧に織らなければならない為、大変手間と時間がかかります。
しかし、現在では織れる職人が少なくなったために、紗のネクタイは大変めずらしいものとなっています。
高い技術を持った織り職人の手で織り上げた逸品です。
また、この商品につきましては、透け感のある織物に起毛の加工を施すことで、温かみのある質感を表現しております。
 
先染めと呼ばれる、糸を染めてから織ることにより、深みのある色や鮮やかさを表現しています。
 
リボンの形にセットされており、脱着に便利なフック式で、サイズ調整が可能です。
 
カジュアルなコーディネートからパーティーシーンまで、お使い頂ける蝶ネクタイです。
 
ウール74%、シルク26%
紗織
ジャカード織
日本製
幅  10cm
高さ 4cm
首周り 約28cm~45cmの間で調整が可能です。
 
生地の取り方によって、写真とは柄の入り方が異なる場合がございます。ご了承ください。

 
 
The bow ties woven with fine silk and wool.
 
Sha refers to thin, translucent fabric that has been woven using a special, traditional Japanese technique.
In this technique, warp yarns are twisted and woven to produce a cool, translucent quality.
Weaving sha requires a high level of expertise and special skill, and because it must be woven slowly and carefully, this technique requires a huge amount of time and effort.
However, there are fewer craftsmen who can weave now, the ties with “sha” technique becomes very rare.
It is a masterpiece woven by the hands of highly skilled weavers.
In addition, this product expresses a warm texture by applying a raised process to the fabric with a sense of sheerness.


 
In a process called yarn dyeing, the threads are dyed prior to weaving to express depths of color and vividness.
 
The bowtie is fixed in a ribbon shape and its hook allows you to easily put it on or take it off. It can also be adjusted to fit your neck.
This bow tie can be used for everything from casual coordination to party scenes.
 
WOOL74%、SILK26%
SHAORI
Jacquard-weave
Made in Japan
Width 10cm
Height 4cm
Neck size Can be adjusted between approx. 28cm~45cm.
 
Please note that, depending on how the fabric has been cut and assembled, the pattern that you see may differ from that in the picture.

You may also like

Recently viewed