羽田忠織物の布

羽田忠織物の布
 
紗織り(しゃおり)
紗は夏の着物などに使われている織物生地です。
からみ織り、もじり織りのひとつで、よこ糸にたて糸をからませて織る織物です。
紗を織る事は容易くなく、紗織りを知り尽した職人だけが作り上げる事ができる生地です。
熟練した職人の手により、ゆっくりと丁寧に織ることで清涼感のある生地が織り上げられます。
天然繊維の絹糸で織る事は大変に手間が掛かる根気の要る作業です。
紗織り生地を手にする機会がございましたら、ぜひ一度よくご覧になってください。
織物としては、考えられない糸の構成で出来ています。
(有)羽田忠織物では、この紗織りを継承し続けております。
 
ジャカード織り
ジャカード織りは織機の糸の上げ下げを制御することで、織りで複雑な柄を作ることが出来ます。
奥行きのある重厚感と上質感のある生地に仕上がります。
先染め
製織後に染色する後染めやプリントに対し、先に糸を染めてから織る方法です。
後染めには出ない色や柄の細かさが表現できます。
高密度
極細の糸をたて糸に使い、高密度の織機で時間をかけて丁寧に織っています。
シルク
羽田忠織物は素材にこだわり、糸を厳選しております。
シルクを中心とした天然素材を使用しています。
シルクと言ってもその糸の種類は多くありますので、試作品作りを何度も重ねて、商品に合った糸を決定しています。